FC2ブログ
今年も残すところ、あと2日。

荒れ狂う日本海では釣りをすることも難しい(というか無理)なので、

今年の僕のブログで、釣果のあった記事をまとめてみることにしました。

2018.11.27上下浜(ヒラメ)

2018.10.22東の輪(アオリイカ)

2018.10.16出雲崎(アオリイカ)

2018.07.02松浜裏(キス)

2018.06.26松浜裏(キス)

2018.06.19大崎海水浴場(キス)

2018.06.07松浜裏(キス、その他)
(それぞれクリックすることで、その記事を読めます)

たったのこれだけしかないんですよ今年の釣果。

釣りに行った回数はこれより多いんですけど、全然ダメでしたね。

特にエギングは不調な年でした。

青物はそもそも行ける機会が少なかったですしね。

それでも、大きめなヒラメが釣れたので、まぁ良しとしましょうかって感じですかね。

自分の釣りに行けるタイミングと海のコンディション問題というのは、自然のことなので運次第なところもありますが、

来年は穏やかで濁りの少ない状態が続いてほしいですね。(特にエギングの時期)

今後は、天気次第で(冬のうちに)青物狙うこともあるかもしれませんが、

タイミングが合わなければ、また春~初夏ぐらいが釣り始めになるかもしれません。

凄腕アングラーの方のような派手な釣果はないブログですが、来年もお時間のある時に読んでもらえたら嬉しいです。

それでは、また次回。



関連記事
スポンサーサイト
2018.12.29 Sat l 新潟釣り l top
今日は、予想気温で19℃、波の高さも昼間は大丈夫そうだったので、青物を狙いに行ってきました。

場所は前回のポイントから、そんなに離れてない上下浜のハマナス前です。


現場に着くと駐車場前には、ルアーマンの方々がたくさんいて、

ちょっと見てた数分間に2名の方が竿を曲げていました。

たぶんイナダですね。

ここのポイントが凄いのはナブラが湧いてなくても釣れるんですよね。

なので、柏崎の松浜裏のように、待ってる(待機中)人が少なくて、フルキャストして、しゃくりまくってるんですよね。

なので、状況良ければ、誰かしら釣れてるみたいな。

今日も良さそうなので、混んでる駐車場前から少し左側に行ったところで僕もショアジギング開始!

とりあえず、投げて、ただ巻きしたり、いろいろなリズムのジャークで誘ってみたり、ナブラ出てないけど速巻きしてみたり、

いろいろ試しますが、アタリなし。

すると、隣に来た人が開始早々にヒット!

たぶんイナダが釣れたようです。

スマホの影響か?最近ボヤけて見える時もあるので、そんなにハッキリ見えませんが、シッポが黄色っぽかったです。

やっぱいるんだなぁ~なんて思いながら、続けていると、

さらに、その奥の人も竿を曲げています。

さすがに、離れすぎているので魚種までわかりませんが、何かが釣れたようです。

同じポイントなのに、なぜ自分には釣れないんだ?

飛距離なのか?ルアーのサイズ、カラーなのか?誘い方なのか?

いろいろ悩みながら、ジャークしてたら、次のアクションを入れた瞬間!違和感が!

重てぇ~!なんか掛かりました。

エギングロッドに2500番の小さいリール、本格的にショアジギングやってる人からしたら、

なめてんのかと言われそうなタックルは非力で、凄い引きに負けそうです。

でも、周りを見た感じだと、40cm前後のイナダだろうし、そんなに引くのかなぁ~?

疑問に思いながら、ゴリゴリ巻いてくると、波打ち際でさらに強くなり(波の影響もありますね)

バレないでくれと願いながら、最後は引っ張るように上げると、

海面に顔を出したのは、でかい口!あれ、イナダじゃないぞ。

さらに引き上げると、平たいボディがバタッバタッと暴れます。

正体はこいつでした。

砂がついちゃって、どこにいるでしょうみたいな写真になりましたが、ヒラメです。

過去に小さいのは何度か釣ったことがあるのですが、でかくなると、こんなに引くんですね。

しかも、釣り上げた後にわかったのですが、

今回のヒットルアーのムーチョルチアは、以前、釣具を入れてるバッグにアシストフックが貫通しちゃって、とれなくなって、返しを潰していたんですよね。

で、今回ヒラメの口に掛かったのが、そのアシストフックだけだったんです。

よく外れなかったなぁとビックリしましたよ。

その後は、なかなかアタリも無く、風も正面から吹くようになり、18グラムの飛距離が悲しいことになったので納竿としました。

で、帰宅して、綺麗にしてから撮った写真がこちらです。

測ったら、47cmでした。

僕のヒラメ記録では最高サイズです。

エギングタックルだと、かなりの大物を釣った気分が味わえるサイズ感ですね。

これ以上になると、キツいかもしれません。

本命の青物ではありませんが、なかなか良い釣りができた1日でした。

次の釣果報告は天候次第なので、いつになるかわかりませんが、行ったら報告します。

ではまた次回。




関連記事
2018.11.27 Tue l 青物 l top
もう今年のエギングは終わりかなと思い、狙いを完全に青物にシフトしました。

ということで、天気が良さそうな今日の午前中、ショアジギングに行ってきました。

場所は、どこにしようか悩んだのですが、普段釣ってる柏崎で釣れてる情報があまり無かったので、柿崎の海水浴場付近にしてみました。


なんか、砂が柔らかくて歩きにくい感じでしたね。(感じ方に個人差があります)

とりあえず、駐車場から右側に向かって歩いていくと、遠くの方で(沖)ナブラが発生したので、その前で待機することに。

手前に来ないかなぁ~まだかな~まだかな~と待っていると、ナブラ消滅。

届く範囲には来ませんでした。

その後待っても待ってもナブラが湧く気配がないので、

適当にキャストして探ってみますが、何のアタリも無く再び待機。

すると、目の前でパシャッパシャッと小さい何かが追われているのか?小規模なナブラみたいな状態になり、

その近くにキャストして誘ってみましたが、反応なし。

追われていた魚とルアー(ジグ)の大きさが違いすぎたのか、

追っていた魚がサバかアジみたいな小型のやつだったのか、

とにかく何のアタリも無いまま、あっという間に消えてしまいました。

その後は、風も強くなり、白波も出てきてたので諦めて納竿です。

晴れているから良いかなと思っても、そうでもないものなんですよね。

まだまだ青物を狙うチャンスはあると思うので、次回に期待したいと思います。

あと、僕のブログを読んでみて、エギングタックルでショアジギングを始めてみようかなと思った方向けの情報なんですけど、

数あるメタルジグから、どれを選んだら良いのか悩みますよね。

僕は今回の釣り用に3個ジグを補充したんですけど、こんな感じで揃えてみましたよ。

左からムーチョルチア、ダイソージグ、ダイソージグです。(全部18グラムです)

僕の手持ちのジグは、ほぼムーチョルチアとダイソージグの色違いなんです。

ダイソージグは百円で買えるので、初めて行くポイントでの根掛かり対策や、ラインを切ってくるサワラ用に使ってます。

そして、ムーチョルチアはちゃんとしたメーカーの物ですし、定番の人気ジグって感じなので好んで使ってます。

値段もアシストフックが付いていて、釣具屋さんで500円前後で買えるので、迷ったらオススメです。

楽天のショップでも、同じくらいの値段で売っているので、何か中途半端にポイントが余ってるなぁみたいな時にも良いですよね。



僕も今年、auの更新ギフトみたいなポイント貰った時にau系の通販サイトでPEラインを買いましたけど、3000円分だったので、ラインやルアー、エギを買うのにちょうど良いんですよね。

なので、通販サイトの期間限定ポイントの使い道に悩んだらアリだと思います。

基本的に根掛かりだったり、キャスト時や魚が原因のラインブレイクさえしなければ、

僕が今回補充した3個のジグだけでも、ショアジギングは楽しめるので、そんなにお金をかけずに遊べますよ。

ちょっと前までエギングやってたタックルにジグを付けるだけですからね。

ダイソージグだけで揃えるなら、個数×100円で始められるので、エギング終わってやることなくなった人は、ぜひ挑戦してみてください。

ではまた次回。



関連記事
2018.11.16 Fri l 青物 l top