FC2ブログ
朝から良い天気だなぁ~これは今日釣れるかもなぁ~と、

午後に2時間ほどエギングをしに久しぶりの東の輪の堤防に行ってきました。


この画像だけ見たら、青い空に穏やかな海、なんてエギング日和なんだと思いますよね。

でも違うんです。反対を向くと沖側は強めの向かい風、白波、たまに足元波ジャバーン!って感じなんです。

それでも他の人達は外向きで頑張ってましたけどね。

僕は逆に追い風を利用して、そこそこ穏やかな内向きでエギングを開始しました。

過去にも釣った経験があるので、僕的には内向きでも全然アリなんです。

今日も実際に外が荒れてるなか、内向きの浅場には、アオリイカがたくさんいました。

が、なぜか小さい。小さすぎる!

もともと、東の輪は10月くらいでも小さいやつはいるんですけど、

今日は見えてるやつ全部小さいんです。しかも、つい最近生まれただろってサイズのやつまでいます。

さすがに、そんな小さいの釣ってもなぁということで遠投。

遠投といっても、波打ち際に向かって投げるので変な感じですよね。

で、着水後からアピールするために、大きめな動きで誘ってみます。

いつもの感覚だと、手前に寄ってきて、エギを目で確認できるくらいのところで、

後ろから、アオリイカが興味をもってスゥーとついてくるのですが、

今日は何投しても、追ってくる気配がありません。

手前にいる小さい見えイカしかいないんですよ。

追ってくるイカはいないし、エギンガーの方々は続々と帰っていくし、僕も釣ってられる時間がもう無いしで納竿としました。

ヤバイですね。まだ今年アオリ釣ってないよ!そのうち青物出てくるよ!う~んまぁ次頑張ろう!

今日の収穫はあれですね。東の輪に行くときに前を通ったら、NEW釣具の岸が建物の外側がほぼ完成してたようで、

お店の規模が何となくわかったのですが、デカって感じでした。

今度は港から近いから、港周辺で釣りをしたい県外のひとにも便利になりそうですね。

いつオープンなのか知らないですけど楽しみですね。

ではまた次回。



関連記事
スポンサーサイト
2018.09.19 Wed l エギング l top
こんなエギングの一番良い時期なのに、なかなかタイミングが合わず、久しぶりのエギングに本日行ってきました。

場所は、出雲崎のフィッシングブリッジです。



現場に着いて、海を見てみると、おぉ~前回来たときより綺麗じゃんって感じで期待が持てます。

エギをセットして、エギング開始!

見える範囲にはアオリイカがいなさそうなので、沖から寄せてくるイメージでシャクリます。

ですが、何投しても、アオリが姿を見せません。

前回は風が強く、状況がよくなかったのに、追ってくるアオリがいました。

ですが、今回は、いい感じの海なのに、いないんですよ。

難しいですよね。釣りって。自然相手ですからね。

でもまぁ天気は良いので、そんなことは気にせずエギングを続行します。

投げても、投げても、シャクっても、シャクっても、姿をみせないアオリイカ。

ようやく、エギにアタリがあったかと思えば、犯人はイナダの小さいやつ、ツバス?シオノコ?

何かそんな呼ばれ方されてるサイズのが、ゴンっゴンっと突っついてきました。

今日は、海の中を見ると、ボラ、フグ、ウマヅラ、サヨリ、アジ、よくわからない魚など、生命感はすごくあるのに、

なぜか、アオリイカに会えないんですよ。

しかも、時間が経つにつれて、外側の海が濁りだしてきて、僕が現場にいた時点の一番ひどい時は、

偏光グラス越しに見て、その辺の川で釣ってるのかなってぐらい濁ってました。

そんな状況でも、しばらくエギングをやってみたのですが、あまりにアタリも反応もないので、約2時間ほどで心が折れ、納竿としました。

こんなハイシーズンに、まだ1杯も釣れない残念な感じではありますが、次回に期待したいと思います。

では、また次回。



関連記事
2018.09.14 Fri l エギング l top
8月の下旬くらいから、エギングに行けるタイミングで大雨や海が荒れて、なかなか行けませんでした。

そして、今日、またしても台風が接近するタイミングです。

しかも、スゴそうなやつですからね。

でも、新聞の波予報を見ると、0.5~5mとのことです。

午前中の一時なら大丈夫そうなので行ってきましたよエギングに!

何かどんよりした空ですが、今年初のエギングなのでワクワクしながら、ポイントに向かいますが、

ポツッ、ポツッと窓に雨があたり、現場につくと、さらに強めに降ってきました。


(こちらは、最初に行った椎谷です)

雨が降り、そこそこの風はあるものの、波は予報どうり、そんなに荒れてなかったので、エギング開始です。

暗く、海面も風でざわついていたので、偏光グラスは何の意味もなく、イカが追ってきたかもわかりません。

そんな状態で、約10投ほどしたのですが反応なしです。

地元のお爺ちゃんもいないし、ダメなんだろうなと見切りをつけ移動しました。

続いてのポイントは出雲崎のフィッシングブリッジです。

こちらは、人が多かったので景色の写真は撮りませんでした。

堤防上は、みんなエギンガーで、端から端まで、10人ほどいましたね。

風は椎谷に比べれば、まだやりやすい感じだったので、こちらでもエギングを開始しました。

すると、開始早々にアオリイカがエギに寄ってきました。

が、1年ぶりのエギングで勘が鈍ったのか、サイトで狙うもどこかへサヨウナラ~。

いいんです。次です次!

そして、数投後また追ってきました。

見辛いですが、サイトで狙います。

エギを跳ね上げ、止めて、沈める

興味をもって寄ってくる

また跳ね上げ、止める、きた!あとは抱け!

想いが強すぎたのでしょうか?殺気のようなものを感じたのでしょうか?アオリイカは、またどこかへ消えていきました。

今年1発目とはいえ、サイトが下手になってしまったようです。

その後見つけたやつは、魚に夢中でエギに興味なし。

そのうち風も強くなり納竿としました。

爆釣している様子ではありませんでしたが、周りでも釣れてる人はいたので、

こんな状況でも釣れる今年は当たり年なのではないでしょうか。

あとは天気次第ですね。

ではまた次回。



関連記事
2018.09.04 Tue l エギング l top