FC2ブログ
もう今年のエギングは終わりかなと思い、狙いを完全に青物にシフトしました。

ということで、天気が良さそうな今日の午前中、ショアジギングに行ってきました。

場所は、どこにしようか悩んだのですが、普段釣ってる柏崎で釣れてる情報があまり無かったので、柿崎の海水浴場付近にしてみました。


なんか、砂が柔らかくて歩きにくい感じでしたね。(感じ方に個人差があります)

とりあえず、駐車場から右側に向かって歩いていくと、遠くの方で(沖)ナブラが発生したので、その前で待機することに。

手前に来ないかなぁ~まだかな~まだかな~と待っていると、ナブラ消滅。

届く範囲には来ませんでした。

その後待っても待ってもナブラが湧く気配がないので、

適当にキャストして探ってみますが、何のアタリも無く再び待機。

すると、目の前でパシャッパシャッと小さい何かが追われているのか?小規模なナブラみたいな状態になり、

その近くにキャストして誘ってみましたが、反応なし。

追われていた魚とルアー(ジグ)の大きさが違いすぎたのか、

追っていた魚がサバかアジみたいな小型のやつだったのか、

とにかく何のアタリも無いまま、あっという間に消えてしまいました。

その後は、風も強くなり、白波も出てきてたので諦めて納竿です。

晴れているから良いかなと思っても、そうでもないものなんですよね。

まだまだ青物を狙うチャンスはあると思うので、次回に期待したいと思います。

あと、僕のブログを読んでみて、エギングタックルでショアジギングを始めてみようかなと思った方向けの情報なんですけど、

数あるメタルジグから、どれを選んだら良いのか悩みますよね。

僕は今回の釣り用に3個ジグを補充したんですけど、こんな感じで揃えてみましたよ。

左からムーチョルチア、ダイソージグ、ダイソージグです。(全部18グラムです)

僕の手持ちのジグは、ほぼムーチョルチアとダイソージグの色違いなんです。

ダイソージグは百円で買えるので、初めて行くポイントでの根掛かり対策や、ラインを切ってくるサワラ用に使ってます。

そして、ムーチョルチアはちゃんとしたメーカーの物ですし、定番の人気ジグって感じなので好んで使ってます。

値段もアシストフックが付いていて、釣具屋さんで500円前後で買えるので、迷ったらオススメです。

楽天のショップでも、同じくらいの値段で売っているので、何か中途半端にポイントが余ってるなぁみたいな時にも良いですよね。



僕も今年、auの更新ギフトみたいなポイント貰った時にau系の通販サイトでPEラインを買いましたけど、3000円分だったので、ラインやルアー、エギを買うのにちょうど良いんですよね。

なので、通販サイトの期間限定ポイントの使い道に悩んだらアリだと思います。

基本的に根掛かりだったり、キャスト時や魚が原因のラインブレイクさえしなければ、

僕が今回補充した3個のジグだけでも、ショアジギングは楽しめるので、そんなにお金をかけずに遊べますよ。

ちょっと前までエギングやってたタックルにジグを付けるだけですからね。

ダイソージグだけで揃えるなら、個数×100円で始められるので、エギング終わってやることなくなった人は、ぜひ挑戦してみてください。

ではまた次回。



関連記事
スポンサーサイト
2018.11.16 Fri l 青物 l top
今日はいい感じの天気だったので、ちょこっとだけ釣りに行ってきました。

エギングにしようか青物にしようか悩んだのですが、

昨日見た、上州屋長岡店の今週の釣果情報に見覚えのある背景でイナダを釣り上げた写真が載っていたので、そこへ行ってきました。

その場所は、出雲崎フィッシングブリッジです。


ここなら、エギングメインにしながら、ナブラでも湧いたらショアジギングもできるじゃんっていう一石二鳥な場所なので、

どっち釣ろうか悩む、この時期はオススメです。

でも、今日は何かが違う。

現場に着くと、なぜか1人しか釣り人がいないんです。

いつもいるエサ釣りの人達もいなくて、ほぼ貸し切り状態です。

橋の上から見ても、透明度が高くて綺麗な水ですし、

堤防から見た沖の方の水も、そこそこ綺麗なんですけどね。

で、エギングを開始してみたのですが、何投してもアタリが無く、

追ってくるようなイカもいない、小さな見えイカすらいない。

何か全体的に生命感が薄かったんですよね。

帰る頃には、何かキラキラ光る小さな魚の群れやサヨリなんかも出てきたんですけど、

着いてすぐの時は、フグの小さな群れがいた位でした。

僕は海の専門知識は無いのでわからないのですが、何が原因なんですかね?

あまりにエギングは反応が無いので、ナブラは湧いてませんが、

ジグも投げて遊んでみましたが、こちらも不発です。

なので納竿です。

やっぱ釣り人がいない時って、皆釣れないからいないんですよね。

僕が釣ってる時も、後から何人か来たのですが、皆さんあっという間に帰っていきました。

まぁショアジギングはこれから期待できる釣りなので、今後に期待ですね。

エギングは、僕的には今回で今シーズンはもういいかなぁなんて思ってますが、状況が良さそうなら、またやるかもしれません。

次は11月になるかと思いますが、また報告します。

ではまた次回。



関連記事
2018.10.26 Fri l エギング l top
天気も良く、新聞の波の予想は低そうだったので、前回いい感じだったエギングに行ってきました。

場所は、東の輪の堤防。



今日は、いつも釣ってるポイントにエサ釣りをしている人が何人かいたので、

とりあえず、いつもとは違うポイントのテトラの上で開始です。

で、それが良かったようで、開始から、それほど時間が経たないうちにきました。



かなり良い感じです。

水は嘘みたいに綺麗だし、天気が良くて思っていたよりポカポカ陽気なんですよ。

でも、このポイントでは、その後なかなかアタリがなく、エサ釣りの方々が帰ったので、いつものポイントに移動しました。

同じ堤防内での移動なんですけど、こっちは内側も外側もアオリイカを狙えるんです。

移動した直後は、水はめちゃくちゃ綺麗なものの、見えイカは内にも外にもいなくて、もう沖の深い方へ行っちゃったのかなぁなんて思っていたのですが、

少し時間が経ったら、状況が変わりました。

突然、外側の海に黒い影が多数発生です。

この時期として考えたら、少し小さいのかもしれませんが、遊ぶには充分なサイズに見えましたね。

この、見えましたねという言葉には訳があって、

いっぱい目の前にアオリイカがいるのに、エギには興味を示さないんですよ。

なかには、反応して追ってくるやつもいるんですけど、見えない壁でもあるのか?一定の距離を保ってエギを抱こうとはしないんです。

そんなこんなで苦戦していると、だんだんと見えないどこかへバイバ~イ。

で、今度は内側の様子を見に行くと、

あれ、こっちにも黒い影が多数見えています。

外側のイカに比べれば小さいですが、釣れなくもないサイズでした。

こちらも、釣れなくもないサイズでしたという言葉でわかると思いますが、

何をしても反応してくれないので、釣れません。

なので、どれくらいのサイズだったのか?わからないのです。

ちなみに、釣れたイカのサイズは約11cmでした。

結局多数目撃したイカ達は釣れず、風が出てきて、海面が白波立ち、お昼を過ぎていたので、空腹にもなり、東の輪での釣りはここで終了。

お昼ご飯を購入し、青物の様子でも見ながらサーフで休憩タイム!ということで、移動したのは松浜裏のサーフです。

お昼を食べながら、海の様子を見ていましたが、風の影響でこちらも白波立っていて、ナブラが湧いても見えにくいなぁ~って感じです。

食べ終わってからも、しばらく様子を見ていましたが、

全然風が弱まる気配もなく、ナブラが湧きそうにもなかったので、

もう帰るかなぁと、ゆっくり荒浜側へ移動すると、

小規模ですが、海面がピチャッピチャッと小魚が追われているようです。

そして、それはほぼ波打ち際での出来事なんです。

強めの向かい風ですが、この距離なら僕のエギングロッドでも余裕です。

ということで、急いでジグをセットしてナブラの奥や進行方向へキャスト&早巻き!

でも反応なし。

ゴンッすらありません。

正体は何だろうと不思議に思ってたら、釣り上げた方がいて正体判明です。

サゴシでした。それも小さめのやつです。

その後も何度か湧きますが、僕を含め竿を曲げている人は、ほとんどいない感じで、

しばらくしたら落ち着いたので、今日はここで納竿としました。

なんか、すごい楽しかったんですよ。

東の輪は澄んでいて綺麗で、見えイカはいっぱいいて、

でも釣果は1杯なんですよね。

松浜裏は白波立ってはいましたが、いい感じにサゴシが暴れまくってたのに、

1本も釣れないんですよね。

釣りとしては楽しい環境だったのに、釣果はいまいちという、そんな日でしたね。

なんか、エギングも青物もどっちも楽しめそうな時期になってきたので、

今後どっちをメインにするのか悩むところですが、

また釣りに行ったら報告したいと思います。

ではまた次回。



関連記事
2018.10.22 Mon l エギング l top