久しぶりに綺麗な青空が顔を見せた朝でしたね。


これは、エギング日和だと上越方面へ出発。


最初に訪れたのは、柿崎漁港



良い天気です。


が、激にごり。


偏光グラスでも裸眼でも変わらない位の海中の見え方。


上に浮いてきたエギが確認できる程度です。


エギングにはキツそうな感じなので、シーバスでも居ないかなとルアーを投げてみますが、無反応。


カマスも居ないようです。


一応エギングも挑戦しましたが、アオリイカの姿は確認できませんでした。


釣れそうにないので、小移動。


柿崎海水浴場も様子をみてみました。


遠目から見ても、濁っている様子ですが、念のため波打ち際まで行ってみました。


うん。


予想通りの濁り、うねり。



もう上越方面は諦めて、逆方向に大移動。



出雲崎漁港です。




逆方向へ行けば、状況は変わるかなと期待しましたが、まったく一緒です。




濁っているし、海藻等のゴミが浮いています。


しかも、足場高いのに風強いからエギングには不向きな環境です。


もう今日は降参(納竿)しました。


本当に自然は難しいですね。


青空出てても、海は濁っていたり、海は澄んでいても、大雨だったり。


次はベストコンディションな海でエギングしたいです。



そして話は変わりますが、明日は、新たな監督が指揮する新生アルビレックス(サッカー)の初戦と、アルビレックスBB(バスケ)のホーム開幕戦がありますね。


特に、サッカーはJ1残留のために落とせない大事な一戦。


現地には応援に行けませんが勝利を願っています。


頑張れアルビレックス。










スポンサーリンク
スポンサーサイト
2016.09.30 Fri l エギング l top
最近は、なかなかエギングに行けてなくて、久しぶりのエギングとなりました。


とはいっても、午前中の2時間程ですが。


朝、東の輪に行こうかなっと出発すると早々に雨がポツポツ。


雨の中での釣りが好きではない僕は、逆方向を向き、出雲崎へ進路変更。


到着したのは、出雲崎漁港



どんより曇り空ですが、まだ雨は降っていません。


堤防の先端が空いていたので、そこでエギング開始。


海中を覗くと、色々な魚が泳いでいるようですが、見えイカは居ません。


そして、先端付近は流れが速いのか、大量のクラゲが目の前を、どんどん流れてゆきます。


そんな状況でエギを遠投して、誘ってみますが、アオリイカが追ってくる気配はありません。


そして、何者かが海中で大暴れしているようで、海面が賑やかです。


バシャバシャ音をたてながら小魚が追われています。


僕もエギからルアーにチェンジして犯人捜し。


移動速度が速いようで、目の前で沸いたと思ったら、ルアーを投げた頃には遠くでバシャバシャ。


ルアーにアタル気配がないので、適当にキャストして狙いますが、まったく反応しない。


周りの釣り人の方々もルアーをキャストしていますが、釣れないようです。


犯人捜し失敗。


釣れなかったので、あくまで予想ですが、沸いた規模の小ささと最近の釣具屋さんの釣果情報から考えると犯人はカマスではないでしょうか。


その後、エギングを再開しましたが、雨が強く降り始めたので納竿。


釣果はありませんでしたが、久しぶりにエギをシャクると楽しいものですね。


エギングは歩いたり、投げたり、シャクったりと、体を動かす釣りなので、軽いスポーツ感覚でリフレッシュできます。


できれば、良く晴れて、良く釣れた方が楽しいですけどねぇ。


また次回に期待します。










スポンサーリンク
2016.09.26 Mon l エギング l top
今日は、柏崎と柿崎でエギングしてきました。


まずは、いつもお馴染みの東の輪



今日の東の輪の海は、偏光グラスをかければ、ある程度奥の方まで見える透明度でした。


いつもと違ったのは、なぜかクラゲ大量発生。


内側の海の一ヶ所が白いモヤモヤした感じになっていて、油でも浮いているのかなぁと思って、近づいてみたら、クラゲの塊でした。


そんな変わった雰囲気の海でエギング開始。


外側、内側と場所を変えながら探っていきますが、なかなかイカが追ってきません。


それでも、東の輪なら釣れるだろうと諦めずに粘っていると、


エギの後ろに、ヤル気満々の黒々としたアオリイカが追ってきました。


サイズが小さいからか、3号のエギに興味を持って寄るものの、抱きはしないという状況がしばらく続き、


エギのサイズダウンで再挑戦したところ1発で乗りました。




画像で伝わると思いますが、真っ黒ですよね。


このイカ以降、ヤル気あるイカに出会えなかったので移動。


柿崎漁港



なぜか港内濁ってます。


もうその時点で心が折れかけていましたが、エギング開始。


エギをシャクって足下まで誘いますが、そもそも追って来ているのかわかりません。


1回アタリがあり掛かったのですが、バラシ


なんか気分が乗らず、気分転換にルアーにチェンジ。


すると、何かが追ってくる。


釣り上げることができなかったので確かな正体は不明ですが、尻尾が黄色かったのでイナダの子でしょうね。


青物のショアジギングの季節も近そうです。


その後も状況に変化がないので、移動


最後に上輪海岸で挑戦。




日曜日に、あれだけ賑わっていた駐車場に今日は1台だけ


駐車場降りてすぐのポイントは貸し切り状態でした。


ここも、柿崎に比べれば透明度は高いものの、多少濁り気味で本来の透明度ではない感じでした。



ちょっとずつ移動しながら様子をみますが、イカの気配を感じません。


水深が浅いポイントで、じっくり釣るというよりは、根掛かりに気をつけながら、テンポ良く誘っていく感じなので、追ってくる気配がないと釣れる気がしません。


何投しても変わらないので、ここで納竿としました。


4時間で1杯という寂しい釣果でしたが、ボウズじゃないだけ良しとしましょう。


もっと釣りたいなぁ。



ではまた次回。










スポンサーリンク
2016.09.16 Fri l エギング l top
本日、午後から1時間半ほどエギングしてきました。


場所は、柏崎の東の輪




天気予報どうりの、どんより曇り空でしたが、偏光グラスをかければ海中が良く見える透明度の海でした。


現場に着いて最初は外側を狙って釣っていたのですが、反応がなく、風の影響で釣りにくい。(僕の立っていたポイントは向かい風)


なので、内側に目を向けてみると見えイカを発見。


何杯か見える状況だったので、サイトで狙ってみました。


が、イカの色は真っ白。


近くでエギを跳ねあげ誘っても、何の興味も示さず無視。


何度やっても変わらないので、諦めて遠くにキャストして別のイカを狙うことにしました。


何投しても、エギに追ってくる気配は無かったのですが、


回遊中のイカの目に止まったのか、沖の方で(浜に向かって投げているので正しくは陸よりで)エギを持っていくアタリが手元に。


アワセを入れると掛かりました。





胴長13センチのアオリイカです。


その後は、反応も無くなって、相変わらず足下に見えるイカもヤル気が無く、この1杯で納竿としました。



数は出なかったものの、見えイカも多く、周りで釣っているエギンガーの方々も釣り上げている様子だったので、

本当に今年はイカが多いんだなぁと毎回釣りに行く度に思いますね。



また近いうちに、エギングしてきたいと思います。


では、また次回。










スポンサーリンク
2016.09.13 Tue l エギング l top
本日、日曜日


混んでいる状態で釣りをするのが好きじゃない僕は、滅多に土日に釣りに行くことは無いのですが、


サーフなら、比較的空いているだろうと思い、サーフエギングに挑戦してきました。


まずは、柿崎サーフ



画像では伝わりづらいと思いますが、新聞の波高予報が高いだけあって、うねりがあり、釣りにくい状況でした。


とりあえず、以前ショアジギングをした際に根掛かりが頻発したポイントを狙ってみました。


サーフなので、飛距離が必要だと3.5号をフルキャストしてみますが、向かい風だったので、全然飛びません。


それでも、数十投チャレンジしました。


漁港等と違い、足下までアオリイカが追ってきたなぁなんて確認もできず、生命反応を感じづらいサーフエギング。


うねり、向かい風に心が折れました。


柿崎サーフは、今後条件が良い時にリベンジしたいと思います。


そして、柏崎方面へ移動。


今回はサーフエギングということで、次の目的地も砂浜なのですが、途中に磯場も見学してきました。


最初に見てきたのは上輪海岸


駐車場には車がたくさん。


でも、見える範囲でエギングしている人は、車の数と合わない感じでした。


皆さん、どちらへ行かれたのでしょうか。


ちなみに、僕から見える範囲で釣っていた人はアオリイカを釣り上げていましたよ。


今年は、どのポイントも好調なようです。


続いて見てきたのは笠島の磯場


こちらも、釣りが可能なポイントには、エギンガーの方々が居て、後から入るスペースはありませんでした。

さすが、日曜日。


エギングもそれだけ人気な釣りになったんですよね。


ちなみに、笠島でも釣り上げている場面を目撃しました。


今日は磯場が良い感じっぽいです。


そして、僕が目的地にしていた荒浜サーフに到着。



荒浜は、現在堤防の立ち入りが禁止になっていますが、過去にアオリイカをたくさん釣った思い出のポイントなんです。


なので、漁港脇のサーフなら釣れるんじゃないかと思ってサーフエギングをしてみました。


柿崎サーフに比べると、波は穏やかなものの風は相変わらず向かい風です。


やはり、エギが飛ばない。


それでも、うねっていないだけ、エギングらしい釣りは可能でした。


こちらでも、数十投様子を見てみましたが、気配を感じることができませんでした。


本日は、ここで納竿。



次サーフエギングをするなら、風が弱い凪ぎの日に挑戦したいですね。



今年は、どこでもアオリイカが釣れそうな雰囲気があるので、新たなポイント開拓に向いているかもしれません。


僕も機会があれば、いろいろな場所で釣ってみたいと思います。


(結局は釣りなれたポイントに行っちゃうんですよね)


では、また次回。










スポンサーリンク
2016.09.11 Sun l エギング l top
本日も怪しい空模様のなか、出雲崎と寺泊、帰りに椎谷でエギングしてきました。


まず最初に訪れたのは出雲崎漁港



曇り空の隙間から青空が顔を出しているような、そんなに悪い天気ではないのですが、


水が濁っていました。


漁港内には釣人の影もなく、釣れそうな気配は、まるでない感じでした。


それでも、せっかく来たんだからと十数投やってみましたが反応なし


すぐ近くのフィッシングブリッジに移動しました。



ちょっと移動しただけなので、水は濁っています。


そして漁港と違い、うねりもあって、さらに釣りにくい状況でした。


こちらでも、様子見でエギングしてみましたが、反応してくれるのは小さいシマダイにフグだけです。

今日は無理そうだなぁ。


でも、良い条件の場所はあるんじゃないかと移動したのが、寺泊漁港。



どこがエギングポイントなのか、わからなかったので港内ですることにしましたが、こちらも濁っています。

まったくヤル気が起きませんが、ここでも十数投チャレンジしてみました。


まったく反応がない。

雨も降ってきた。


心が折れ、柏崎方面へ帰るつもりで向かいました。


途中、椎谷漁港付近で雨が止んでいたので、一応様子を見ておくかと、椎谷漁港でエギング再開。



これが正解でした。

海は他に比べれば、透明度も高く、なんと1投目でヒット。



その後、数投以内にもう1杯掛かったのですがバレてしまいました。

これは良いぞとエギングを楽しんでいましたが、

釣り始めて30分もしない内に、再び雨が強く降ってきたので納竿としました。


もうちょっと遊びたかったなぁ。


それでも悪条件のなか釣れたので良かったです。


今日訪れたポイントも、風もなく透明度も高い日なら、すごく釣れそうな雰囲気でした。

特に出雲崎フィッシングブリッジは墨跡だらけでしたよ。


次回は、天気が良いことに期待します。


オマケ話


僕のブログで度々話題にするポケモンGO


今日は嬉しい出会いがありました。


寺泊魚のアメ横で、フシギバナをゲットできました。



フシギソウを進化させたくて、フシギダネをコツコツ捕まえてアメを貯めていましたが、


進化後のフシギバナが野生で出てきてくれたのでラッキーでした。


それと、帰りに話題の出雲崎天領の里に立ち寄ってみましたが、


ポケモンGO的な知名度が高いようで、平日の昼間でしたが、下は10代位の人から上は60代位の人まで、皆スマホを片手に歩いていました。


一時の爆発的ブームは去ったと言われていますが、まだまだポケモンGOは人気なようですね。


僕もまだ飽きてませんよ。(冬どうしましょう)









スポンサーリンク
2016.09.08 Thu l エギング l top
昨日の釣行が物足りなかったので今朝、柏崎の東の輪でエギングしてきました。



もともとの天気予報より意外と天気が良い朝でした。

先週の天気予報だと昨日も今日も雨の予報でしたもんね。




僕も、曇り空なんだろうなと思って偏光グラスを持っていかなかったのですが、


光が射し込んで、海面キラッキラッで海中の様子がわからず、サイトエギングは不可能でした。


昨日はルアー、今日は偏光グラス、やはり使わなそうでも、一応持っていった方が良いですね。


まぁイカは見えなくてもエギングは可能なので、気にせずキャスト。


今年は成長が早いのかサイズの良いイカが多く、


フォール中に、ぐいっと引っ張るアタリが手元に伝わってきます。


アワセを入れると、以前より重さを感じる引きに変わったのを実感します。


そうして上がってきたのが、胴長14㎝のアオリイカ



その後も、飽きない程度にアタリがあり、






最終的には、2時間ちょっとで4杯の釣果となりました。



ちなみに、ものすごく小さなコウイカも釣れましたよ。




今年は、アオリイカの数が多く、久しぶりに楽しめそうな秋エギングシーズンとなりましたね。


エギングに興味のある人は、ぜひ挑戦してみてください。


一度釣れるとハマりますよ。


僕は、今シーズンの成長の早さなら、過去釣ったアオリイカの最大サイズを更新できるんじゃないかと期待しています。


数釣りも良いですが、大物も狙ってみたいですね。


ではまた次回。










スポンサーリンク
2016.09.07 Wed l エギング l top
九州地方に接近した台風の影響で、この数日間不安定な空模様予報の新潟県。


ですが、今朝はまだ良い感じの青空で、新聞の波高予報も低め。


ということで、前回の釣行で良い雰囲気だった柿崎漁港に行ってみました。





現場に着くと、柏崎よりも青空の面積が広く、海の透明度も文句なしの好条件。


これは、今日良いんじゃないの~って感じでエギング始めてみましたが、


アオリイカがエギを追ってくる気配がありません。


なんで?と思い漁港内の違う場所に移動してみると謎が解けました。


エギに細長い魚影がくっついてきます。


そうなんです。


多数のカマスが、海中を泳いでいるんです。


この前は居なかったのに、今日はかなりの数でしたよ。


これじゃあイカも居ないだろうなぁと思い、移動も考えましたが、


カマスが遊べそうなサイズだったので、狙ってみることにしました。


でも、今日の僕はルアーを所持していません。


どうしようか悩んだ末、バッグの中にたまたまあった弓角を発見。


なんか、どうにかなりそうな気がして、オモリも付けずにそのままの弓角を装着しキャスト。


弓角の重さだけなので、たぶん10何メートル位しか飛んでないと思います。


そして着水後は、ゆっくり時間をかけて沈んでいきます。


カマスのいる層が深めで、表層を引いても反応しないので、


とりあえず底に沈むまで待って、沈んだら、徐々に層が上がってくるように、ゆっくり滑らかに引くイメージで誘ってみました。


すると、ゴンッゴンッとアタリがあります。


でも、青物狙うような弓角の針なので小さいサイズのカマスは針掛かりしません。


そんな感じで繰り返しキャストしていたら、ようやく針に掛かりました。





その後も良い感じに遊べ、釣果4匹、バラシ多数という結果になりました。


まだまだカマスを楽しんだり、場所を変えてイカを狙ったりしたかったのですが、

突然、風が強くなり白波が出てきて、雨まで降ってきたので、早々に納竿としました。


カマス遊びも結構楽しめたので、次の釣行ではルアーも持っていきたいと思います。



ちなみに、前回の記事で紹介したダイソーの百均エギですが、バランス良さそうな動きをしてくれました。


本当は、イカとのやり取りでイカの反応を見てみたかったのですが、居なければ、どうにもならないですからね。


次回に期待したいと思います。










スポンサーリンク
2016.09.06 Tue l エギング l top
今シーズンもダイソー(百均)のエギを買ってみました。

商品名は、エギスパート・バージョン4



3.5号のブラック・シルバーを購入しました。


知らない間にバージョン4まで進化していたみたいです。




百均のエギも見た目は、最近のエギングメーカーのエギと変わらないデザインになりましたね。


開封してみて気になったのは、個体差があると思いますが、カンナ(針)部分の接着剤のはみ出し。


釣りに支障がなければ、そのままで良さそうですが、問題がありそうなら削った方がいいかもしれないですね。




それと、こちらも個体差がありそうですが、シンカー(オモリ)の部分。


昔の百均エギは、シンカーが斜めに曲がっている物も多く存在しましたが、今回購入したエギは真っ直ぐ付いていて、バランスが良さそうな印象です。




最後に、僕が所有しているエギの中で一番雰囲気が似ているエギ王3.5号と並べてみました。


やはり、カンナの接着剤に目がいきますが、それ以外の見た目の差は、あまり無いように思います。


もちろん、海の中での動きはエギングメーカーがちゃんと作ったエギには敵わないと思います。


それでも、メーカーのエギが600円~900円位することを考えれば、100円でこのクオリティなら充分ですよね。


初めて行くポイントや根掛かりが頻発するポイントでは活躍してくれるはずです。


シーズン中は品薄状態になりやすいので、欲しい人は早めに見に行った方がいいですよ。


ちなみに僕は、長岡ニュータウンのダイソーで購入しました。


まだ3.5号は早いかもしれないですが、次回の釣行で様子を見てみたいと思います。

釣れたら最高ですね。










スポンサーリンク
2016.09.03 Sat l エギング l top