ショアジギング

時期 春から初夏 秋から年末前後

場所 砂浜 漁港 堤防 磯場



ショアジギングは、春や秋に発生しやすいナブラを陸からメタルジグ等を遠投して狙う釣法です。


もちろん、ナブラが発生してなくても釣ることは可能です。

※ナブラとは、小魚が追われ水面がバチャバチャしている状態


メインのターゲットはイナダ、サワラ(サゴシ)となりますが、アジ、サバ、スズキ、マゴチ、ヒラメ等々、釣れる可能性のある魚種は多数です。


稀にサクラマス、マダイ、シイラなんかも釣れちゃいますよ。



必要な道具は、

メタルジグ(数本)

リーダー(エギング用で代用)

僕は、エギングのエギをジグに付け替えて遊んでます。

あると便利な物は、

ペンチ、タモ(網)



メタルジグは、専用タックルではないので30グラム位までが無難ですね。


僕は、20グラム前後のジグを頑張って遠投しています。


現場に持っていく本数は、邪魔にならない程度に多い方がいいかもしれないですよ。


砂浜では根掛かりする可能性が低くなりますが、サワラに切られたり、キャスト時に指が引っ掛かってパァッツーンの音と共に帰らぬジグになったりします。


最初は、セットの物やワゴンセールの物を集めるのがオススメです。(百均も店によっては売っています。)



リーダーは、エギング用を代用していますが、よっぽどの大物が掛からなければ大丈夫です。


サワラが多い日は、こまめな交換も大事ですよ。


あとは、必要に応じてペンチやタモがあると良いですね。

ペンチは、歯の鋭い魚が釣れた際に針外しに役立ちます。

タモは、漁港や堤防で活躍します。



ショアジギングは、釣り上げるまで何が掛かったか分からないドキドキ感が魅力の釣りです。


秋には、エギングと共に楽しめるのでオススメします。










スポンサーリンク
スポンサーサイト
2015.02.17 Tue l タックル紹介 l top